通夜は遺族にとって一番大切な時間

葬儀の中でも通夜が故人との最後のひとときであり、別れの気持ちの整理のためにも大事な時間です。

通夜は遺族にとって一番大切な時間

葬儀の中でも通夜が故人と遺族にとって一番大事な時間

葬儀の中でも通夜というのは、故人に遺族が話しかけたり、ゆっくりと一緒に同じ時を過ごす大事な時間となります。お別れの気持ちを整理するために、ずっと側にいるという遺族も多いのです。けれど、通夜の儀式は、表の部分の弔問客を迎えるということもありますから、友人や知人にとっても、遺族以上ではないにしても気持ちをもって尋ねてこられます。特に、仕事などで会葬には来ることができない人が多いので、通夜の日のほうが翌日の会葬よりも人が多いのが一般的です。遺族にとっては、悲しみにうちひしがれた心を支えながらの時間ですし、感謝の気持ちもひとしおであるとはいえ、一番疲労のたまるものとなります。通夜の後の晩餐会も長く続き、その後は、ろうそくと線香を絶やさないように、ずっと故人の側で気をつけてあげなければなりません。家族が交代でそれを行い、少しは睡眠をとるようにしますが、だれも眠らずに故人の側にいて、故人との昔話をして懐かしむ光景というのも、よくあることです。

だから、この2日間だけで身体を崩してしまうという人も珍しくありません。実は、今の葬儀は、流れが分刻みで決まり、消化するのが大変なものです。故人がステージを行ったり来たりということがあるために、通夜といっても棺桶に入ったままの状態で、控え室に小さな祭壇を組んでいるというのが普通になってきています。それ自体も無味乾燥な感じがしますが、ばたばたせわしいためにあまり故人との時間を持てないという思いから、通夜を全く寝ずに故人と少しでも長く過ごすという状況も起きているようです。表向けの通夜や会葬は華やかではあるのですが、遺族にとっては形式であり、もっと実質的な部分を大事にしたいと先に、遺族だけで密葬を行うことにしている人も増えてきているようです。必要あれば、後から小さなパーティ形式で偲ぶ会という雰囲気の葬儀を執り行ったりということも見られるようになりました。それにより、思い通りの別れができるからです。

Recommend