通夜は遺族にとって一番大切な時間

葬儀における昔とは変化した通夜、半通夜の意味と通夜の知らせを受けたらどうすべきか、服装のマナーについて

葬儀における通夜においての参列マナー

本来通夜とは、故人と最後の食事をしたり、一晩中一緒に過ごすものでしたが、現代では読経から通夜ぶるまいまで2時間程度で終わる半通夜というものに変化しています。葬儀スタイルも色々と変化しているようです。弔問客にとっては日中に行われる葬儀や告別式よりも、仕事終わりの時間のほうが都合がつきやすいということで、通夜が告別式参列者の数をうわまっているというお話もあるそうです。これは都会に近ければ近いほどそういう傾向が強いそうです。通夜の知らせを受けたら、時間と場所を確認します。開式10分くらい前には到着しておくとよいとよいでしょう。もしも遅れてしまった場合は、お詫びを述べた後にお参りをさせて頂きましょう。受付に誰もいないこともあると思われます。その場合は遺族にお香典を渡してください。

服装のマナーですが、男性の場合はそう悩むこともないかとも思いますが、黒のスーツ姿で統一していればまず問題ありません。もしお急ぎであれば、地味な平服でも構いません。女性の場合は、肌の露出を避けた黒、紺、茶などの地味なスーツ、ワンピースであれば大丈夫です。もちろんあれば喪服が一番だと思います。ストッキングは黒がなければ肌色でも構いません。葬儀全体で言えることですが、殺生を連想させるようなものは身に着けるのはよしましょう。化粧は控えめにして、アクセサリーは出来れば付けないのが好ましいです。結婚指輪はしていても大丈夫です。学生は制服を着用してください。無い場合は大人同様です。大体これくらいを守っていれば最低限の服装のマナーは守れていると思います。

Recommend