通夜は遺族にとって一番大切な時間

お通夜や葬儀は突然連絡を受けることがあります。出かける前にサイズが合わなくなっていることに気づくと大変です。

お通夜や葬儀は突然なので、喪服の準備が必要

会社に勤めていると、突然同僚の家族のお通夜に参列することになるケースもありますね。知人ならともかく、同僚の家族のこととなると予測することはできません。今日突然参列しなくてはいけないということになると、喪服を用意しているはずもありませんが、明日という場合は喪服での参列になるでしょう。よくお通夜は慌ててきたので喪服でなくてもよいということを聞きますが、明日ということになると、突然のことなので慌ててきたというわけではありませんね。お通夜でも、ほとんどの人は喪服で参列されています。地味な服であればよいと書いてあることもありますが、喪服の方が無難でしょう。念のため、同僚と一緒に参列するのならどうするか確認してみるのもよいでしょうね。自分だけが喪服でなかった場合は、とても居心地が悪い思いをしてしまうでしょう。葬儀のときはもちろん喪服を着て行きます。

喪服をしばらく着ていない人は、時々着てみて、窮屈ではないか確認しておくとよいと思います。お通夜や葬儀は突然のことです。参列するために着ようとしてサイズが合わなくなっていたら大変です。特に女性は結婚した後に出産などもあると、体型が変わってしまっていることがあります。出かける前になって、喪服が体に合わないということに気づいても困ってしまいます。そのために、体型が変わってきたことを感じたら年に1度くらいは喪服に袖を通してみて、買い替えが必要でないか確認しておいた方がよいでしょう。

Recommend