通夜は遺族にとって一番大切な時間

葬儀を最近は簡単に行う方も多いですが、通夜も含めてきちんと行うことは大切なことだと思います。

葬儀は通夜を含めてきちんと行うことが大切だと思います

今も昔も葬儀というと悲しいものですが、通夜などはそれでもよいものだと思います。普段会うことのない親戚が集まって、故人の思い出を語ることができるのは素晴らしいことだと思います。いろいろ懐かしいお話をしているうちに、故人の

いろんな思い出が蘇って、懐かしくてよいこともあったなと思いだすことができると思うのです。普段会わない親戚と絆を結ぶことがまたできるようになるのではないかと思ってしまいます。なかなか仕事も忙しく普段はコミュニケーションをとることができないので、こういった機会に皆でいろいろ話をして、故人をしのぶというのはとてもよいことだと本当に感じてしまいます。最近は亡くなっても簡単に考えている方も多いと思いますが、きちんと行うと故人も喜ぶと思うし、そういった儀式の中で悲しみが癒えていくと思うので、なるべくきちんと行ったほうがよいのではないかと思います。きっとそう思っておられる方も多いと思うのです。しっかりと故人の供養を行うことが大切で、いずれは自分もいつか供養をお願いすることができると思うと、本当に安心できると思います。順番にきちんと供養していくと、高齢になっても安心することができると思います。亡くなることを考えても怖くなくなるのではないでしょうか。私も先輩の後をおって、いろんな人が体験してきたように、亡くなっていくと思うとなんだか怖くなくなるような気がします。ですので、昔通りしっかりと今の時代も行っていくようにしておかないといけないと思います。

Recommend