通夜は遺族にとって一番大切な時間

告別式や葬儀へ行けない人にとってお通夜はとても大切です。故人とのお別れ式として弔問する人は多いです。

告別式や葬儀へ行けない人にとってお通夜はとても大切です。

告別式や葬儀へ行けない人にとってお通夜はとても大切な時間となります。葬儀の前夜は邪霊が寄り付かないように一晩中寄りそうということが普通でしたが、最近では半通夜で終わることが多くなっています。告別式や葬儀へ行けない人にとっては故人とのお別れ式としてもとても大切な時間となります。お通夜は葬儀の前夜に行われます。基本的には故人の肉親や家族、親しい友人などが集まって別れを惜しむという儀式になりますよね。そしてお通夜が終わると、通夜ぶるまいに入ります。通夜ぶるまいとは別室に弔問客に案内して飲食などをふるまうことですね。お清めの意味が強く含まれています。ビールや日本酒が出される事もありますし、お寿しが出されることもあります。弔問客への感謝の気持ちを表す席としても大切です。そして故人の思い出を語り合う時間ともなります。

葬儀は故人の冥福を祈るための儀式であり極楽浄土へ導くためにも大切なことです。そして告別式では故人の家族、友人知人と最後のお別れをするための儀式です。葬儀の後に行うことが通常です。本来であれば、火葬場まで行き骨を墓地まで送り届けたあとに埋葬前に行うということとなっていますが、昨今では火葬場まで行くことも少なくなって来ています。時代の流れと共に葬儀、お通夜に関する様式も少しずつ変化をしてきています。もし、お葬式やお通夜があるのであれば、喪主に失礼の内容に流れなどを把握しておくと良いです。

Recommend