通夜は遺族にとって一番大切な時間

通夜の葬儀の服装は地域によって違いがあり、土地によっても考え方が違うので服装には注意が必要です。

葬儀の通夜の困ったこと

親しい人がなくなったら、葬儀に参列します。葬儀に参加するときに困ることがあります。それは、通夜です。まずは、通夜の服装です。地域によって服装が異なるのです。それも近い地域でも少し離れるとまったく違う服装ということがよくあるのです。例として、通夜の服装が礼服でなくカジュアルシックな普段着である場合です。礼服などのかしこまった服装でなく、黒などの落ち着いた色の普段着で参列する地域があります。その逆で、通夜には礼服をしっかり着ていく地域があります。同じ市内でも場所によって異なるので、その土地の習慣を知っている人などに聞いて通夜の服装を決める必要があります。礼服だと無難なのですが、カジュアルな服装の地域では礼儀がなっていないと感じる方が多いので一概に礼服を着ていくことはおすすめではないです。

また、葬儀の通夜でも女性はお手伝いをする機会が多いです。やることは、簡単なお茶だしなどです。そして、服装も動きやすいものにしていくことが大事です。参列するだけの間柄なら特に心配はいりませんが、お手伝いをする可能性が少しでもある場合は礼服・エプロンを持っていくことをおすすめします。急に手伝ってほしいといわれることがあるので手伝いをしても大丈夫な服装で行くことです。その他にも、お香典などをいつ・誰に・どのように渡していいのかと迷うこともあります。地域にも寄りますが、基本的には葬儀業者がいるのでわかりやすく教えてくれます。今は、葬儀場で行うことが多いので行く場所を教えてくれたり、やり方がわからないとその場で教えてくれることがほとんどです。